SDGs

SDGsとは?

Sustainable Development Goalsの略で、日本語に翻訳すると「持続可能な開発目標」となります。国連サミットで、加盟する全ての国の全会一致をもって採択されたもので「世界のすべての人達が幸せになるために2030年までにみんなで取り組んでいく17の目標」となっています。

日本青年会議所が第3回ジャパンSDGsアワードを受賞!

「日本の青年会議所はSDGs達成に向けた運動を推進することを宣言する(SDGs推進宣言より)」

日本青年会議所は、2019年全国でSDGsを推進することを宣言し、各地の青年会議所と協力して社会にインパクトを与えてきた。

この結果、日本青年会議所は2019年12月20日、総理大臣官邸において行われたジャパンSDGsアワードにおいて、特別賞(SDGsパートナーシップ賞)を受賞しました。
ジャパンSDGsアワードとは、外務省が主催し、SDGs達成に資する優れた取組を行っている企業・団体を表彰するものです。2017年よりはじまり、本年第3回を迎えました。過去の受賞者には、誰もが活躍の場を持ちながら良質な生活を送ることのできる持続可能な地域社会を目指す北海道下川町や、横浜市から積極的にSDGsに取り組む株式会社大川印刷などがある。

表彰式で安倍総理は、「多様な担い手が手を取り合い、持続可能な地域が生まれています」と話されたが、一つの企業や団体が取り組むのではなく、その地域を巻き込んだ循環する仕組みを継続して行ってきているところが評価されていました。
ほかの受賞者のなかにも過去に青年会議所で活動していた方々もおり、青年会議所での活動が、その後の地域を想い、地域を良くする仕組みづくりにつながっていることが伝わりました。今後も日本青年会議所は、「経済活動を通してSDGsの達成に貢献し、社会の改善によって経済の成長を促す」という考えのもと、SDGs達成に向けた歩みを止めることなく邁進して参ります。